京都・東京で和装、和婚プロデュースなら「京鐘」

EN

スタッフブログ

2019年11月01日

色打掛【紺地 ベル・ラビエ】のご紹介

こんにちは。

いつもスタッフブログをご覧頂きましてありがとうございます。

銀座店の山口です。

 

今日は 現在 京都店からお取り寄せ中の色打掛をご紹介いたします。

二十世紀初頭のヨーロッパのドレスをモチーフに、銀が見え隠れする紺地の

ベルベット。ミッドナイトブルーを表現したような深みのある紺は

見る角度や照明によっていろいろな表情を見せてくれます。

 

模様はピンクや水色・金などの糸を使って明るく

ユリやバラの花々を刺繍しておりますが、よく見ると

桜の花も刺繍されているのです!

写真からおわかり頂けますでしょうか…?

やはり和装ならではと言えそうですね。

 

ゴージャスに散りばめられたミラーワークの輝きは、

シックな中にも花嫁様の個性をひきだし、ご列席のお客様方の心に残る

一枚となることでしょう。

 

裏地には少し抑えめのゴールド。こちらも高貴な雰囲気をより際立たせています。

 

こちらの色打掛は11/13(水)まで、銀座店でご覧いただけます。

ぜひ、お越し下さいませ。