京都・東京で和装、和婚プロデュースなら「京鐘」

EN

スタッフブログ

2019年11月24日

洛中洛外図絵・総相良刺繍【京鐘謹製】

こんにちは。

いつもスタッフブログをご覧頂き有難うございます。

京都店 衣裳コーディネーターの木村です。

 

本日は【京鐘謹製】の色打掛をご紹介致します。

洛陽を中心とする中世以降の京都を大観的に

描くパノラミックな狩野派による洛中洛外図絵。

二十四金箔に通常の五分の一サイズの

相良刺繍で、人の姿や動きが忠実に表現された

一針がどれほど細かく繊細かご注目下さい。

手描友禅・本金箔・手刺繍と技術や素材全て

一級品で、三年半の歳月をかけて仕上げた

最高峰の逸品となっております。

現在、こちらのお衣裳は京都店にて展示を行っております。ご来店の際は、是非お近くでご覧ください。

 

お問合せはこちらから>>>問合せフォーム

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

 

☆お知らせ☆

京鐘 インスタグラムにてほんまもんの和装やご結婚式、

前撮りの様子などを更新しています♪

アカウントはこちらから⇒@kyokanewedding (URL)

是非、ご覧下さい!