算賀の祝

1200年ぶりの王朝儀式 長寿を祝う

古くから人生の節目ごとに儀式を行い、神仏に感謝し今後の幸せを祈ってきました。
人生の前半では「初宮詣」「お食い初め」「七五三」
「十三参り」「成人式」「結婚式」などがあります。
また後半においては、『源氏物語』にもみられるように、
無事に年齢を重ねてこられた事を祝う
人生儀式『算賀の祝』が大切にされてきました。
光源氏は四十歳の時、天皇皇后様より長寿のお祝いを授かり、
無礼講のお印として「鳩杖」を授与されました。
歴史にもとずき、一日一組だけの荘厳な算賀の儀式を挙行頂きます。

鳩杖 (はとづえ)

ご衣装 (盛儀の装い)

【お問い合わせ】株式会社 京鐘. TEL.075-252-1151/FAX.075-252-1153 〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下ル山伏山町540 丸池藤井ビル2F
【お問い合わせ】株式会社 京鐘. TEL.075-252-1151/FAX.075-252-1153 〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下ル山伏山町540 丸池藤井ビル2F