京都・東京で和装、和婚プロデュースなら「京鐘」

EN

スタッフブログ

2020年10月31日

【フォトウエディング】七社神社 結婚奉告祭

いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。
銀座店の五十嵐です^^

 

先週、北区西ヶ原鎮座の七社神社さまを訪問してきました!
当日は青空が広がりとても良いお天気で、素敵な写真を撮ってきましたのでご紹介いたします。

 

七社神社さまは大通りから少し路地を入ったところにあるため喧騒から離れていて、木々に囲まれており温かみのある神社です。

 

境内には桜の木、銀杏の木があるので、四季折々の景色が楽しめます。

 

 

ちょうど訪問したときには銀杏が少し色づき始めていて、秋のグラデーションがきれいでした。

12月頃になるとこの境内が銀杏の絨毯で染まり、もっと美しいのだとか!

是非その時期にも拝見してみたいものです。

 

 

鳥居の近くにはひっそりとカエルの置物が、、、

神職の方に伺ったところ、地元の参拝者の方が飾ってくれたのだそう。

とても地元の方に愛されているのが伝わってきました。

 

 

『七社神社』の文字額は、かの渋沢栄一書の文字から作ったのだとか。

渋沢栄一は来年の大河ドラマで取り上げられるので、来年は参拝の方も賑わいそうですね。

 

七社神社さまでは、『神前結婚式』はもちろん、『結婚奉告祭』という形で神様へ結婚の奉告をする祈願を行っています。

祈願の後には境内でゆっくりと婚礼写真を残すこともできるので、ロケーションフォトをお探しの方にとてもオススメの神社さんです♪

実際に『神前結婚式』や『結婚奉告祭』を執り行う本殿も見てみましょう。

 

 

当日はこちらの椅子にご新郎ご新婦様で座り、儀式を受けていただきます。

 

 

神前での修祓や祝詞奏上、玉串奉奠、そして金色の紙垂での半幣の儀を行います。

 

ご挙式の場合には、神職の方が朝日舞という神楽でお二人の佳き日をお祝いしてくださります。

 

 

七社神社本殿の脇にある桜をモチーフにした天井画が美しく、とても華やかです。

 

 

天井画と同じく桜柄の絵馬の裏表に夫婦となったお二人のお願い事を書き込み、境内の大銀杏に下げていただけるので、銀杏前での撮影もおすすめポイントです♪

 

 

写真を残すだけでなく、神様への奉告も行える結婚奉告祭は、お二人の想い出になるかと思います。

一年の初めに、無病息災を願って神様に手を合わせるように、

お二人のこれからを祈って神様に手を合わせられたらとても素敵ですね!

 

京鐘では東京・京都の神社仏閣での『結婚奉告祭』『結婚奉告祈願会』とロケーションフォトのできる会場を数々ご紹介しています。

 

神前で手を合わせて、

夫婦となられるお二人の想い出づくりに、

そしてお世話になった方々への結婚報告のためのお写真撮りに、

その大切な瞬間が素敵な彩りとなりますようサポートさせていただいております!

 

まずはどんな会場があるのか知りたい、

お見積りを知りたい、

どんな衣裳を選べるのか見てみたい、

リモートでお打ち合わせをしたい、

などなど・・・様々なご要望を承っておりますのでお気軽に、

随時開催中のフェアページで申し込み・ご相談くださいませ。

 

沢山の神社仏閣での結婚式を取り扱っている京鐘だからこそ、

お二人の望みにぴったりな会場が見つかるかと思います!

 

フォトウエディングをお考えのご新郎ご新婦様に、

この日見てきた素敵な神社様の雰囲気と境内や結婚奉告祭をお伝えできるのを楽しみにしております♪