京都・東京で和装、和婚プロデュースなら「京鐘」

EN

スタッフブログ

2020年02月20日

【銀座店】有栖川清水ご試着フェア

いつもスタッフブログをご覧頂きありがとうございます。銀座店 山口です。

さて、今回は2月8日(土)に開催されました料亭 有栖川清水様でのご試食・ご試着フェアの様子を

お伝えいたします。

東京メトロ日比谷線広尾駅より徒歩8分ほど。近くには有栖川宮記念公園や

フィンランド・フランス・ドイツなど各国大使館もある、都会の真ん中とは思えないほど閑静な場所、

そんなところに有栖川清水は佇んでいます。

歴代の政財界人に今も愛され続ける料亭の一館貸切。一日一組様だけの贅沢な時間。

和装でご挙式を検討なさっている新郎新婦様にはぴったりの空間ですよね。

会場選びをされているご新郎ご新婦様に向けた ご試食ご試着フェアで、京鐘では毎月お衣裳のご案内をさせて頂いております。

 

まず、入口をお入り頂きますと、衣桁には京鐘の色打掛が。

季節に合わせ、会場に合うものを展示しております。

新婦様がとてもお気に召し、実際にご挙式当日お召し頂くことになったことも!

今回は肩回りには梅の花と鶴、裾には牡丹の花が咲き誇る、総相良刺繍の贅沢な逸品。

牡丹色から藤色へのグラデーションが美しいですね。

 

こちらはご試着会場となります松の間。天井には格調高い松の模様が扇形であしらわれています。

扇は末広がりを表す、おめでたい柄。よくお着物のデザインにも使われています。

 

松の間にお入り頂いた時に パッと目を引くのは、当日の新郎新婦様をイメージして頂けるよう

トルソーにお衣裳を着付けしたもの。毎回趣向を変えてご覧頂いておりますが、今回は京鐘の

得意とする本振袖。舞妓さんのようにお引きずりタイプの振袖で、和の会場にはとてもマッチ

します。お母様、おばあ様世代にもとても支持率の高いお衣裳です。

 

ご試着用には、毎回 白無垢・色打掛・本振袖をご用意し、

新婦様のお好みのものをご試着頂いております。

お洋服の上から あっという間に大変身出来ますよ。

 

松の間には舞台もございます。ご試着頂いてからは ご照明の当たる舞台で金屏風をバックに

お写真を撮影して頂けます。

ご披露宴会場で実際に衣裳をお召し頂ける機会って、なかなか無いのですよね。

窓辺の緑もきれいな写真がお撮り頂けます。

新婦様のお美しい立ち姿に、毎回 新郎様もカメラマンに早変わりされます。

 

来月は3月7日(土)開催予定です。

料亭ならではの美味しい会席料理とご試着をお楽しみください。

こちらのフェアは月に一度の人気のフェアとなっております。

毎回ご好評を頂いて、予約がいっぱいになってしまうことも。ぜひお早めにご予約くださいね。

フェア予約は★こちら★からも承っております。