京都・東京で和装、和婚プロデュースなら「京鐘」

EN

スタッフブログ

2020年09月01日

【引振袖】幔幕に草花貝桶紋

いつもスタッフブログをご覧いただき

ありがとうございます。

銀座店の齊藤です^^

 

あっという間に9月に突入

暑さも早く和らいでほしいですね。

 

本日は一足先に、秋らしい色合いが上品な

引振袖をご紹介します。

 

【幔幕に草花貝桶紋】

紫・茶・白の色合いが目を引くこちらの衣装。

 

紫と茶色部分は“幔幕”という、屋外に張り巡らされる

幕の柄が大きく全体に描かれていて

角度によってぐっと印象が変わるのが特徴です。

 

全体的な色味は落ち着いていますが

雲取りの金箔が豪華さを演出してくれます。

 

よく見ると、柄には繊細な刺繍が施され

重厚感もばっちり!

夫婦円満の象徴である貝桶と

松竹梅や菊・桐・藤など四季の草花が華やかさをプラスしてくれます。

 

帯はベーシックな金地のものを

小物はぱきっとした濃紫を合わせメリハリをつけたコーディネートに!

 

色合いが暗くなりすぎないので

ホテルやレストランなどの洋風な会場にも合うと思い

先日、提携ホテルでのブライダルフェアでも展示しました。

黒紋付の新郎様と並ぶと、より格式高く

上品さが引き立ちますね!

 

王道の黒地引振袖も素敵ですが

柔らかい印象になるこちらの衣装もぜひご検討ください。

 

こちらの引振袖は銀座店でご試着いただけます。

 

ご来店予約・お問い合わせはこちら

皆様のご来店を心よりお待ちしております!