京都・東京で和装、和婚プロデュースなら「京鐘」

EN

スタッフブログ

2020年11月19日

【色打掛】黒地牡丹老松おし鳥

いつもスタッフブログをご覧いただき
ありがとうございます。
銀座店の櫻井でございます。

本日ご紹介するお衣裳は、
緑の松模様、様々な植物やおしどりが
織りこまれた深みのある緑の色打掛でございます。

【色打掛】黒地牡丹老松おし鳥

深い緑色の松模様が広がり

牡丹や桜、菖蒲など四季の花々や植物が

織り込まれております。

花の間には、おしどりが羽ばたく姿や水面に羽を休める様子が見え

可愛らしくもモダンな雰囲気を感じます。

袖を広げる姿は婚礼の場ではあまり見かけませんが

後ろから見る衣裳も華が咲き乱れ

衣裳の持つ華やかさが伝わります。

ご入場の演出に袖を広げるシーンがあると素敵ですね。

小物には、より色打掛を引き立たせる為

金の無地の小物を併せました。

 

ホテルさんでの披露宴やロケーションフォトの
お衣裳としてもオススメでございます。

 

気になった方は是非、お問い合わせくださいませ。
⇒お問い合わせはこちらから

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。