京都・東京で和装、和婚プロデュースなら「京鐘」

EN

スタッフブログ

2019年12月12日

〝小ふき〟白無垢 コーディネートのご紹介

いつもスタッフブログをご覧頂きましてありがとうございます。銀座店の山口です。

本日は、現在 京都店よりお取り寄せをしてご覧頂いております めずらしい白無垢と、
そのコーディネートについてご紹介させて頂きます。

 

その名も【小ぶき梅御所車】

〝ふき〟とは、お着物の袖口や裾の部分で、裏地を表に折り返し、少しだけ

表から見えるように仕立てた部分を指します。
元々は表地の端の傷みや汚れを防ぐためや、錘(おもり)の役目を担っていました。

婚礼衣装では より華やかさを表現したり、表地との色合わせの美しさを見せたり、
重要な役目を担っております。

お写真、裾は汚れよけの為 カバーをお付けしておりますが、お袖口と同様、

ひとすじの赤が美しいポイントになっております。

さりげないのですが、お袖口の赤の可愛らしさ!

 

近くでご覧頂きますと、雅やかな地紋が。

光沢のある、正絹(オールシルク)ならではの艶と光沢に、御所車。

季節の花々に、小鳥たちが飛んできました。

 

ということで、ここでコーディネートのご提案。

赤いしぼりのお小物をコーディネートしてみました。通常 白無垢ですと
全て白いお小物を合わせることが多いのですが、今回は重ね衿も赤のしぼりで。

 

足元も大切なポイント。今回は少し赤を効かせてみました。

 

草履も小ふきにぴったりなもののご用意がございますよ。
一生に一度のご婚礼衣裳。じっくり、あれこれ考えるのも楽しい時間ですね。

 

さりげなく、そして甘すぎずに可愛らしさを演出できる〝小ふき〟白無垢。

通常は京都店におりますが、現在 銀座店にてご試着頂けます。ぜひお出掛けくださいませ。

ご来店予約、お待ち申し上げております。