京都・東京で和装、和婚プロデュースなら「京鐘」

EN

スタッフブログ

2019年12月14日

【こだわりさん向け】白無垢で色遊び

いつもスタッフブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます!!

銀座店の森です)^o^(

 

寒さもひとしお身にしみる頃となりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

さて!

今回はお客様よりご質問を頂くことがあります「白無垢の中のお着物」について少しお話させて頂きます!

白無垢の中には長襦袢に加えて、掛下と呼ばれる比翼仕立てのお引きずりのお着物を着ます。

一般的には白で合わせる事が多いですが、最近は色のついた掛下を合わせたいとのお声を頂く事も多いです。

赤や紫などの色掛下のご用意もございますが、引振袖を掛下として着る事もできるのです!!

 

銀座店の衣裳で合わせてスタッフに着てもらいました♪

こちらです!!

白無垢は「唐織 四季草花文様」

細やかな四季の草花のお柄の白無垢。

正絹の美しい生成りとツヤ

絹糸の温かみがとても愛らしく

唐織だからこそ出せる重厚感と繊細さを兼ね備えた圧巻の一着です。

そんな白無垢に合わせたのは緋色の引振袖。

バストアップがぐっと華やかになりますね。

お小物は白無垢を意識した地の色に緋色の刺繍が入ったものを。

色が入りますと、お写真映えもします。

 

そして!白無垢を脱ぐと、、、

引振袖にお色直し♪

雲取りの部分は絞り染めです。花丸紋のお花は金駒刺繍で縁取られているこだわりの一着です。

花嫁様らしい華やかさと、和装ならではの色合いがとっても可愛いらしいですね。

白無垢を羽織っているときと、帯揚げの結び方を変えてみました。

お小物コーディネートが楽しい引振袖はアレンジの幅が様々です。

 

通常の白い掛下から引振袖へのお色直しはかなり時間がかかる為、タイムスケジュール的に難しかったり、ご列席の方と離れるお時間が長くなるので、お悩みになる方も多いです。

そこで、引振袖を白無垢の中に仕込むとお着替え時間が大幅に短縮できます♪

 

一生に一度の晴れの日のコーディネート、ご自身だけの組み合わせで和装を楽しんでみてはいかがでしょうか?

花嫁様のお衣裳のお悩み、なんでもご相談下さいませ。

 

京鐘ではお得なブライダルフェアを開催中!!

是非、☆こちら☆よりご覧くださいませ。

 

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます(*^_^*)