京都・東京で和装、和婚プロデュースなら「京鐘」

EN

スタッフブログ

2020年05月24日

乃木神社様からのいただき物

いつもスタッフブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
銀座店プランナーの塩見でございます。

先日、親しくお付き合いさせていただいている乃木神社様より「茅の輪守」をいただきました。

現在は緊急事態宣言を受け境内を閉鎖されておられますが、
その中でも神事は休むことなく続けてくださっているとのことで、
お祓いをした茅の輪守を送ってくださいました。

誠にありがとうございます。
銀座店の玄関に飾らせていただきました。

茅の輪守りは、疫気あるときに身に着けることにより、
これから免れることができると云われています。

また、夏越祓(なごしのはらえ)の時期(毎年6月頃)に、
神社の参道に設けられる茅の輪は、
それをくぐれば病気が避けられると云われています。

この時期に神社を訪れた方は、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
私も何度か京都の神社さんで茅の輪をくぐったことがあります。
(関東では住んでまだ日が浅いので、くぐったことはないのですが、
今年が難しくてもまた来年くぐれればいいなと思います。)

また、この時期の特別なものといえば、和菓子の水無月(みなづき)です!

関東ではあまり馴染みが無いようなのですが、
京都では季節を感じる有名な和菓子です!
白いういろうの上に甘い小豆が乗ったもので、とてもおいしいんです。
京都では無病息災を願い、この時期に水無月を食べます。
今年は特に食べておきたいですね!

外出制限が続く中、乃木神社様のお陰で季節を感じることが出来ました。
本当にありがとうございました。