京都・東京で和装、和婚プロデュースなら「京鐘」

EN

スタッフブログ

2021年04月30日

【色打掛×色掛下】黒地色打掛を華やかに③

スタッフブログをご覧いただきまして

誠にありがとうございます

 

銀座店の森です)^o^(

 

本日は

黒地色打掛をより華やかに魅せる

コーディネートご紹介企画第二弾です!

 

今回のお衣裳はこちら

色打掛「黒地宝生流小袖柄唐織」

人間国宝の能楽師

宝生閑さん監修で作られた色打掛です

 

お衣裳全体に広がる

葉っぱの小袖文様は

全て唐織で仕上げられています

まるで刺繍を施したかのような

立体感と絹糸の艶感は圧巻です

 

総模様で色数の多い一着ですが

葉の模様と落ち着いた色合いで

お上品さを感じます

 

この色打掛に合わせたのは

鮮やかなブルーの掛下です

お柄にも青系の色がたくさん入っているので

斬新な刺色でもまとまりがでます

 

箱迫、懐剣は

掛下より控えめな

くすみ系を合わせました

 

同じ色でも

トーンで差を出して合わせると

上手にワントーンコーディネートができますよ

 

「花嫁さんらしい赤」など

王道なイメージを避けたい

個性派オシャレさんにオススメです^^

 

色掛下はバストアップに

しっかりと色味を入れてくれるので

コーディネートの印象がガラッと変わります

 

自分だけの和装コーディネートを楽しみたい方は

是非一度、ご試着してみて下さいね!

 

ご来店ご予約は☆こちら☆から

 

皆様にお会いできますことを

楽しみにお待ちしております^^