京都・東京で和装、和婚プロデュースなら「京鐘」

EN

スタッフブログ

2021年04月10日

【大徳寺塔頭 黄梅院】前撮り撮影

いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
京都店の藤原でございます。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

本日ご紹介するのは京都大徳寺塔頭「黄梅院」様
従来非公開の寺院様で、昨年2020年(令和2年)6月1日より一般公開されている、貴重な会場様です。
京鐘では昨年よりご案内が可能になりました。

京都大徳寺塔頭 黄梅院
【公式インスタグラム⇒@k.oubaiin
大徳寺の塔頭のひとつで、織田信長の父・信秀の追善菩提のため、永禄5年に羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)に命じて建立した小庵にはじまる寺院様です。庫裏は日本の禅宗寺院において現存する最古のものといわれており、他にも千利休作庭の枯山水庭園「直中庭(じきちゅうてい)」のほか、破頭庭(はとうてい)、作仏庭(さぶつてい)など美しい庭園も有名です。

 
※千利休作庭/直中庭(じきちゅうてい)は池泉式枯山水庭園

【みどころ】
京都の社寺には様々な美しいお庭が多くございますが、そのなかでも黄梅院さんのお庭は群を抜く美しさです。私も昨年個人的に伺わせていただきましたが、隅々まで丁寧に整えられ管理されていました。従来非公開だったこともありますが、とても清潔で凛とした美しさがありました。庭園の中には秀吉公の希望によってつくられた瓢箪(軍旗)をかたどった池も!


※破頭庭(はとうてい)をのぞく花頭窓(かとうまど)ショットは雰囲気たっぷり

火灯窓・花頭窓は字の通り窓の上部を火炎系や花形に作った窓で、寺社建築で見られる特殊な形をしています。個人的に和装撮影で是非押さえてほしいおすすめシーンです。また、美しく整えられた破頭庭を背景に撮影できるのもとっても贅沢です!

 
※撮影風景(完成写真・同行スタッフ撮影写真)
みずみずしい緑色とパッと目をひくあざやかな色打掛は相性抜群


※撮影風景(完成写真・同行スタッフ撮影写真)
柔らかで上品な色打掛を纏う姿に思わず見入ってしまいますね^^*

 

京都にお住まいの方をはじめ、京都通の方からも
「あの黄梅院さんで写真撮りが出来るなんて嬉しい!」とご好評いただいております。
特に新緑・紅葉のシーズンは人気となりますので是非お早めにお問合せくださいませ。

 

京鐘【京都本店】
京都市中京区山伏山町540丸池藤井ビル2階
℡:075-252-1151(定休日:火曜・水曜日)

京鐘【東京銀座】
東京都中央区銀座4丁目10-16シグマ銀座ファースト9階
℡:03-3248-2880(定休日:火曜日)

(文: 京都店 藤原)

 


京都ロケーション撮影会場一覧
※黄梅院様での撮影をご希望の方は備考欄に『黄梅院での撮影希望』とご記入下さい。

新緑シーズンのお得なブライダルフェア(フォトウエディング)
※↑平日撮影がおすすめ!