京都・東京で和装、和婚プロデュースなら「京鐘」

EN

スタッフブログ

2021年02月21日

【色打掛×色掛下】黒地色打掛を華やかに

スタッフブログをご覧いただきまして

誠にありがとうございます

 

銀座店の森です)^o^(

 

きりっとした印象で

ご新郎様の黒紋付と並ぶと

かっこよくまとまる黒地の色打掛

 

最近

立て続けに

黒地をご希望のお客様をご担当させて頂いて

黒好きの私としては嬉しいかぎりです

 

ただ

黒地をお好みのご新婦様が

皆様仰ることが

お母様にご相談したときに

もっと明るい色が良いと言われました

とのご意見です

 

確かに

お母様世代の花嫁衣裳といえば

赤や金など

とにかく華やかな印象が主流で

お母様の黒留袖とも色が似てきますし

せっかく花嫁なんだから

もっと明るい色を着て欲しい

というお気持ちも大変分かります

 

そこで

黒地の色打掛に

色掛下や刺繍衿を使って

最大限に華やかにみせる

コーディネートをご紹介したいと思います!

 

第一回目のお衣裳がこちら

 

色打掛「黒地のしめ花車」

 

深みのある黒地に

金彩友禅の熨斗目の大柄と

牡丹がメインの花車のお柄が

豪華絢爛な一着です

 

一見

黒と金と裏地の朱赤で

シンプルな色合いですが

金の中にも濃淡があり

迫力満点のお衣裳です

 

 

近くで見ても

金彩の艶がとても綺麗です

 

こちらの粋な一着に

今回は真っ赤な掛下と

金の七宝柄の刺繍衿を合わせました

 

 

黒と金彩のかっこいい雰囲気を崩さないように

絞りの赤ではなく真っ赤な掛下で

凛とした印象に

 

箱迫・懐剣は

シンプルな白を合わせて

さっぱりとした雰囲気にまとめました

 

色掛下はバストアップに

しっかりと色味を入れてくれるので

コーディネートの印象が

ガラッと変わります

 

お衣裳自体は気に入っているけれど

コーディネートに物足りなさを感じている方は

是非ご試着で試してみてくださいね^^

 

ご来店ご予約は☆こちら☆から

 

皆様にお会いできます事を

楽しみにお待ちしております♪